まんこが臭いい場合には

まんこが臭いのは女性にとっては無視できることではありません。
したがってまんこが臭い場合はいろいろと対策を考えます。
ここではまんこのケアの基本である洗い方などについて見ることにします。

 

まんこが臭わないための正しい洗い方

まんこは皮膚の角質層が薄い粘膜のようなものですから、
顔を洗うような方法はとんでもないことで、いくら柔らかいタオルでも、ゴシゴシと洗うと刺激が強すぎます。

 

そのような刺激で臭いがすぐに発生することはないのですが、黒ずみなどのトラブルの原因にもなります。
まんこを洗う時には、泡で洗うという感覚が大切です。

 

具体的には泡立てネットなどで、専用石鹸やボディソープを十分に泡立てて、
その泡を手のひら全体で包み込むようにして洗いましょう。
洗う順序は前から後ろで、指の腹でやさしく洗うようにします。

 

まんこは複雑な構造なので洗い残しに注意

まんこは複雑な構造ですから、きれいに洗ったつもりでも汚れが残っていることがあるでしょう。
したがって、泡で洗う方法は少し難しいかもしれませんが、この方法をマスターしましょう。
ただし、膣内の常在菌を洗い流すリスクがあるので、膣内まで指を入れて洗ことは厳禁です。

 

まんこは粘膜質なので洗浄成分に注意

まんこを正しく洗うことは臭わないための基本ですが、
もうひとつ注意しなければならないのが、石鹸やボディソープです。
化学合成の界面活性剤を使った石鹸などは使わないようにしましょう。

 

洗浄力が強いのはいいのですが、粘膜への刺激が強すぎます。
また、天然成分の専用石鹸でも洗いすぎは、結果的に臭いの原因になることがあるので注意しましょう。

 

すなわちまとめると、まんこが臭くならないようにするには、まずは清潔に保つことですが、
清潔にするための洗い方と洗うのに使う石鹸などに配慮することが大切になります。

 

デリケートゾーンを石鹸で洗う恐さについて

デリケートゾーンはその名の通りで、微妙な部位ですから、おりものが多かったり、
すそワキガなどで一種独特の異臭がしたりします。
そこでデリケートゾーンは清潔にしなければならないと、多くの場合石鹸を使います。
これははっきり言うと良くないこと、恐いことなのですが、これについて説明します。

 

すそワキガの臭い取りに石鹸は効かない

まず言いたいのは石鹸でデリケートゾーンを洗っても、すそワキガ臭はとれないことです。
むしろ洗い過ぎると逆効果で、かえって臭いが強くなります。

 

すぞワキガの臭い取りに石鹸はNGの理由

すそワキガの臭いをとろうと石鹸を使ってはいけない理由は、石鹸には有害物質が含まれているからです。
それは石鹸に配合されているエデト酸塩という成分で、この成分はアレルギーや血圧降下作用、腎臓障害、
さらには染色体異常を引き起こす危険性があります。

 

このほかに石鹸には発がん性着色料である黄色203や、アレルギーを引き起こす危険性がある香料が使われています。
石鹸は天然・自然の成分で、有害物質が含まれていないと思ってしまいますが、
実際にはこのような成分も含まれているのです。

 

デリケートゾーンは粘膜質の皮膚

デリケートゾーンは皮膚、あるいは肌だと思ってしまいますが、実は粘膜質なのです。
つまり外気や外部からの刺激には敏感であると同時に、有害物質を体内に吸収しやすいのです。

 

粘膜は皮膚よりも薄く、たとえば足裏と皮膚と比べてみると、皮膚の角質細胞は16分の1以下なのです。
したがって粘膜はどのような物質でも吸収しやすく、塗り薬などの吸収率は
腕の皮膚の42倍にもなるそうです。

 

デリケートゾーンに石鹸を使う時には専用石鹸がおすすめ

市販されているデリケートゾーン専用の石鹸やジェルなどは、
これらの石鹸のリスクを考慮して製造されています。
すなわち、デリケートゾーン専用の石鹸やジェルは粘膜質にも優しく、
また普通の石鹸のような有害な成分は配合されていません。マンコ くさい